スクショすると相手にバレるので要注意!

現在、使っている人が非常に多いSNSとしてインスタグラムがありますが、このインスタグラムの機能の中にはスクショを撮影する事で相手にスクショした事がバレる物があるので気をつけましょう。
例えばインスタグラムの通常の投稿やダイレクトメッセージ、ストーリーへの投稿などについてはスクショをしても相手に通知がされる事もなく、何か問題になる事もありません。

しかしインスタグラムの機能の中にはスクショによって相手に通知がいってしまい、バレる可能性が高い種類の機能もあるのです。
まずストーリーは24時間ほどで自動的に消えるメッセージですが、これはスクショをすると相手にそうした事を報告するメッセージが送信されるシステムになっています。
以前はストーリーをスクショしても相手に通知される機能がありませんでしたが、現在ではそのシステムが変更されていますので注意が必要です。
ちなみにこれはストーリーを個別にダイレクトメッセージで送った場合です。
送った相手が限定されているだけに通知されてしまいますと、誰が撮ったのかという事はしっかりバレます。

さらにバレるものとして「消える写真、消える動画」があります。
タイムライン画面上で操作を行い、消える写真や動画をシェアする事ができる機能ですが、通常は開封した時とリプレイを1回ずつした時点で完全に消えてしまう物です。
そのため、それらをスクショしてしまうと相手にも通知が届くというわけです。
こういった消えるタイプの動画や写真をいくつも相手に送っている場合には元の動画や写真などが削除されてしまうと送信者側もどれがスクショされたのかという事はわかりません。
そのため、相手からどれをスクショしたのかと確認される場合もあるでしょう。

スクショを撮った時には一瞬だけ友達とシェアできるというメッセージが出てくるのですが、これを見た瞬間は驚く人も多いのではないでしょうか。
内緒でスクショをしたかったのに相手に通知されてしまったのではないかと焦る瞬間でもあります。
もちろん相手の承諾を得てからスクショするのが望ましいのですが、そうではない場合でも焦る必要はありません。
これは相手に通知されたという意味ではなく、その時撮った写真や動画などを他のSNSで友達とシェアする事もできるというだけのメッセージです。
ですから、心配する事はないです。
インスタグラムは非常に仲間を増やしたい時などには便利なものですから、友好的に利用するといいです。